• ホーム
  • NISA講座で海外ETFを始めよう!

NISA講座で海外ETFを始めよう!

スマホで株式の情報を見る人

日本では少子高齢化の流れがあるために、日本の代表的な株価指数に連動するETFを購入しても長期で報われるとは言えない状況があります。
しかし、海外の国では将来的に人口が増えて、確実に経済発展を遂げていくところが存在します。
そのため、長期投資では海外の国を対象として金融商品を購入することが大事な選択肢となってきます。
とくにNISAでの投資では5年から10年といった長い期間の保有が求められるために、海外を投資対象する金融商品は重要です。
NISAにおいて海外を投資対象とした金融商品では、まず海外ETFを活用することから始めると良いです。
海外ETFについては投資対象をする地域が異なる商品が多く販売されているため、各金融機関のNISA講座で海外ETFについての詳しい解説を読んでみることをお勧めします。
海外ETFの種類としては、まず先進国に投資をするタイプと新興国に投資をするタイプの2つがあります。
先進国に投資をする海外ETFは、比較的安定的な運用が見込めます。
逆に新興国に投資をする海外ETFは、短期的には価格変動が大きいものの将来的には高い運用利回りが期待できる面があります。
さらに海外ETFでは、個別の国を投資対象とするETFも販売されています。
有名なものではアメリカの代表的な株価指数に連動するETFが存在しています。
アメリカは今後も人口が増えていくため、長期的に経済成長が見込める国となっています。
そのため、アメリカを投資対象とするETFはNISA口座で保有するには、まず考えておきたい商品となります。
また、海外ETFではインドやインドネシアを投資対象とするものも有力です。
インドやインドネシアは人口が多く、今後の大きな経済発展が期待できるからです。
よって、NISAではインドやインドネシアの海外ETFを一部保有しておくのも良いと考えます。

人気記事一覧
サイト内検索