NISAには確定申告が必要?

色々なグラフ

確定申告とは、特定の年の翌年2月中旬から3月中旬に、その年の収入や収益などを税務署に報告し、正しく納税するための様々な手続きです。この手続は非常に複雑なものですが、一度慣れてしまうと様々な節税のために効果を発揮します。
一般的な投資の場合、確定申告の必要性はとても大きくなっています。では、NISA口座の場合はどうなのでしょうか。まず、基本的にNISA口座の場合は確定申告は不要です。
というのも、NISA口座で出る利益は100万円までならば非課税となりますから、税金についての手続きを行う必要がないのです。これは非常に大きなことで、特に税金について何らかの対策を行う人ならば手続き不要というのは嬉しいでしょう。ただ、いくつかのパターンでは非課税とはなりませんから、確定申告の必要があるのです。
そのひとつとしては、配当金を配当金受領証方式や登録配当金受領口座方式といった形式で受け取るようにしていると、確定申告が必要な場合があります。
これは何かというと、一般的なNISA口座の場合は様々な利益は口座に振り込まれ、その利益はそれぞれ非課税となるのです。一方、こういった上のような方式にし、銀行口座や郵便局などで受け取ると、その金額には課税されるようになり、確定申告の必要性が出てくるのです。
この時、受け取る金額が20万円を超えているのならば、サラリーマンなどの場合は確定申告を行い、投資による収入を申告する必要があります。これは非常に面倒なことですので、もしNISA口座を開設しているのなら、利益は株式数比例配分方式を指定し、利益や配当はNISA口座に振り込んでもらうようにしましょう。NISA口座の恩恵である非課税というメリットもたくさん受けることができます。

アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索
最近の投稿